GAIA

ホスピタリティコンテスト

TOP > ガイアが目指すもの > ガイアの社内活動 > ホスピタリティコンテスト

ホスピタリティコンテストGallery

ホスピタリティコンテスト
ホスピタリティコンテスト
ホスピタリティコンテスト
ホスピタリティコンテスト
ホスピタリティコンテスト
ホスピタリティコンテスト
ホスピタリティコンテスト
ホスピタリティコンテスト
ホスピタリティコンテスト
ホスピタリティコンテスト

ホスピタリティコンテストとは

ホスピタリティコンテストとは、従業員のホスピタリティ(おもてなしのマインドとスキル)を評価する、ガイア独自の接客コンテストです。
アルバイト部門、社員部門に分かれており、それぞれ店舗より1名ずつ代表が選ばれ、その後、エリア、営業部と予選会を勝ち進んだファイナリストが東京で行われる本選に出場し、そのホスピタリティを競い合います。

目的

営業店で人一倍頑張っている社員・アルバイトスタッフが本当に認められるような場を会社でつくれないか?
日ごろ、お客様や共に働く仲間に発揮してくれているホスピタリティを、全国のステージで表彰することはできないか?

……という思いから、2006年よりホスピタリティコンテストを開催しています。
最前線で働いている従業員が、お客様に向けて、また仲間に向けて日々伝えている温かいホスピタリティの心を全国の場でも表現し、多くの同僚、先輩、後輩の姿を励みに、今後の接客のスキルアップとモチベーションの向上につなげてもらうことを目的としています。

審査方法

審査方法は、「スピーチ」と「ロールプレイング」にて行っています。

スピーチ ロールプレイング

審査基準は、お客様にご満足いただけるだけの知識を有しているかはもちろんのこと、表情、言葉遣い、立ち居振る舞いなどを含め、お客様に対して真摯に応対できているかなどを評価しています。
社員部門、アルバイト部門に分かれ、例年上位3名と審査員特別賞が選出されます。

第11回ホスピタリティコンテスト

【第11回ホスピタリティコンテスト】
2016年10月25日、浅草橋ヒューリックホールにて「第11回ホスピタリティコンテスト」を開催しました。
11回目となる今回は「3C:change / challenge / chance」をコンセプトに7月1日より代表選考を開始。本選には、各営業部の選考を通過してきた社員部門10名、アルバイト部門10名の計20名が出場しました。

日時・会場

ホスピタリティコンテスト
日時
平成28年10月25日(火)12:00~
会場
浅草橋ヒューリックホール
タイムスケジュール
12:00  開会式
12:15  ファイナリスト紹介、激励の言葉
12:30  審査開始
15:30  表彰式、総評
16:15  閉会式

第10回ホスピタリティコンテスト入賞者

幹部・社員部門

  • 第1位

    ガイア富士見台南口永越 社員

  • 第2位

    ガイア青森中央黒瀧 副主任

  • 第3位

    メガガイア調布スロットタワー島崎 副主任

  • 審査員特別賞

    ガイアらくらく館 那須塩原寺下 社員

第1位 入賞者コメント

ガイア富士見台南口永越 社員

本日このような光栄な賞をいただけたのは、応援に来てくださっている店長ならびに同僚の方々の協力があったからこそだと感じています。
この接客のスキルを、自身が働く店舗に持ち帰って、後輩や部下に受け継いでいくこと、今後は人材を育てていくことに、より一層力を入れていきたいと考えています。
本日は誠にありがとうございました。

アルバイト部門

  • 第1位

    ガイア深江松野内さん

  • 第2位

    アイオン稲毛東口山本さん

  • 第3位

    ガイア大町武藤さん

  • 審査員特別賞

    ガイア富士見台南口大澤さん

第10回ホスピタリティコンテスト総評

進藤副本部長より総評

当社においてホスピタリティコンテストは文化です。

そして、回を重ねるごとに非常にレベルも高くなり、全業界に誇れる接客を提供していると、自信を持つことができるコンテストになっていると感じています。


20名のファイナリストの皆さんに、今日私たちは、“change”変えていただきました。
今、私たちの心の中には、20名からもらった勇気や、
これから仕事に戻り“challenge”していこうという気持ち、
そして、チャレンジする事によって“chance”をものにしようという気構えをもらえました。


現在、営業部ではチャンスを掴むために、まずは積極的にチャレンジしていこうと指針を打ち出しています。

皆さんも何事においてもチャンスを掴むために、チャレンジをしていっていただきたいと考えています。
本日のような機会を大切にしながら、全社一丸となってガイアを更に発展させていきましょう。

ガイアの社内活動へ戻る