GAIA ガイアグループ採用情報

TOP > 人を知る-先輩社員インタビュー- > 大久保 伸

チャレンジできる環境で
仲間と共に業界1位への挑戦

大久保 伸

統括エリア長 2003年入社
第4営業 所属

業界1位を目指す会社だからこそ、チャンスがある

業界の中でも一番チャンスにあふれている会社

学生時代にこの業界でアルバイトをしたことがきっかけでパチンコ業界での就職を考えていました。いざ就職先を選ぶタイミングになって一番社風が合っていたというか、どんどん頂上に向かって登っている社風に惹かれました。まだ業界1位ではないからこそ、追いつき、追い越して行くという位置にいることが良いと思いました。その位置にいる会社だからこそ、多くのチャンスがあると感じましたし、また、頑張れば評価される環境がある会社だという点から入社を決意しました。 現在では統括エリア長という役職にまでなり、担当する地区の営業数値の管理はもちろん、その営業数値を達成する上での戦略を立案するようになりましたが、身に余る役職を任されているという自覚はあります。入社するときに感じたチャンスの多さやそれを評価してもらえる環境があるというのは間違いなく、自分自身ももらったチャンスに対して、その場その場を一生懸命やって、一つずつステップアップしてきたことで、今の位置にいるのだと思います。

業界の中でも一番チャンスにあふれている会社

photo

ステップアップして役職が上がるごとにプレッシャーは大きくなりました。しかし、その都度プレッシャーに打ち勝ち、結果を残してきたことが今につながっていると思います。 また、かつての上司がしてくれたように、部下に対してよく話すようにしています。人それぞれやっぱり十人十色なので、考え方や求めているものを見逃さないように、常に会話の機会を設けるように、日々心がけています。

最終的には業界ナンバー1に

最終的には業界ナンバー1に

最終的には業界ナンバー1という目標に向かって一致団結していくことが大事だと考えています。そのために、担当する店舗の業績向上を確実に行っていくことが私の役割だと考えています。地域によってライバル店の数や特徴も、お客様の層も違う中、1つ1つの店舗で勝ち続けて行った時こそ、最終的に会社が業界1位になって行くと考えるからです。 新規オープンのようにゼロから店舗作りをしていく際には、普段と比べて業務量が増えるなどハードなこともありますが、そうであればあるほど、オープンしてお客様に来ていただいたときは、やり遂げたという達成感があります。私自身として、ハードな中にも達成感がある現場という側面から業界1位になる礎を作っていきたいと思っております。

同期に先に行かれてる時でも見てくれる人がいる

同期に先に行かれてる時でも見てくれる人がいる

社長をはじめ、上司や先輩方が本当に人をよく見てくれている会社だと思います。 だから、頑張ったことを正当に評価してもらえる。何か失敗しても再挑戦のチャンスが必ずあり、再びチャレンジできる環境があるのだと思います。 チャレンジできる環境とそのチャレンジが必ず評価につながるっていうところが魅力だと感じます。 もちろん至らないところがあれば上司や先輩方からしっかり指導して貰えるので、それが成長に繋がっていると思います。 私も順風満帆ではなかったので、同期が昇進していく中で少し足踏みした時期がありました。 その時にも「飯行くぞ」と言って、連れていってくれる上司がいましたし、同期同士でも「次はお前が昇進する番だから大丈夫だよ」と、励ましあったり。。。上司との関係、横のつながりを振り返ると、本当に人間味のある会社だと思います。

1つ1つ全力を尽くす姿を見てくれる人がいる会社

失敗しても再びチャレンジできる環境がある。 うまくいくことばかりではなく、チャレンジしてもうまく出来ない、同期に先を越されるなど一見失敗に思える状態でも1つ1つ目の前のことに、その場その場を一生懸命やっていけば、頑張りを見てくれる人が必ずいます。 その結果が今の自分につながっています。チャレンジでき、チャンスを掴み、ステップアップ出来る環境がある。そして共に働く上司や部下、同僚との人間味のある関係がある。それが魅力の会社です。

  • 募集要項
  • FAQ
  • 採用までの流れ